2005年05月30日

フィルムかデジタルか?

IMG_7430.jpg
Canon EOS 20D/TAMRON AF28-300mm Ultra Zoom XR F/3.5-6.3
残雪の美人林 2005/5/4 新潟県松之山町


これから写真を始める場合、フィルムカメラか、デジタルカメラかといった選択肢がまず最初にでてきます。
そんなのデジタルカメラに決まってるじゃん!と思われるのが一般論でしょう。
確かに、デジタルカメラの普及には目覚しいものがあり、今や500万画素、600万画素が当たり前の時代になりました。

撮ってすぐ見れる
フィルムと違い、現像コストがかからない
写真(データ)の保管場所をとらない

上に挙げただけでもかなり利点だらけですよね。
でもフィルムだって負けちゃいない!フィルムにだっていいところはたくさん・・・

・・・ないかな(苦笑)

こんなこと書くと、フィルムカメラ愛好家の方々に怒られそうですが、フィルムのいいところははっきりいって画質と気分的なものくらいでしょうね。

でもこの画質と気分こそが、写真を撮る上で最も重要な部分であり、それがフィルムカメラが今なお存在している理由なのでしょう。

かくいう私も、最近、フィルムで撮るようになりました。
フィルムで撮る緊張感。撮影後のフィルムが現像されるまでのワクワク感。
独特のシャッター音と適度な重量感。
リバーサルフィルムの仕上がりを、ルーペで確認したときの息を呑む美しさ。

絶対にデジタルでは味わえないものがそこにはあります。

でもあえて私は、デジタルカメラで撮ることをお勧めしたい!
フィルムで撮ることはある意味贅沢なことだと思っています。

まず最初はデジタルカメラを手に入れて、お金のことを気にせずにバンバン撮るのがいいでしょう!
写真は、とにかくたくさん撮り、仕上がりを確認して色々と試していくうちに、自然と上達します。

そして、どうしてもフィルムで撮ってみたくなったときに初めて、フィルムカメラを物色するのがよいのではないでしょうか。

とにかく今すぐにでもカメラを手に入れましょう!
あなただけの世界を記録するために。
posted by kota at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Canon EOS 20D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。